音楽に年齢は関係ない

ショパンコンクールがおこなわれていました。

私も途中からですが、YouTubeのライブ配信やアーカイブで

毎日、素晴らしい演奏を聴くことができました。

こんなにショパンコンクールに夢中になったのは、

ブーニンが優勝したとき以来かも。

あの時はまだ中学生くらいだったかもしれませんが、

ショパンコンクールを知って、とても興奮したものです。


今回は日本人もたくさんの方が予選で残っていて

それぞれの演奏に心を打たれて、感動しました。


そんな音楽を生徒さんたちにも伝えたいと、生徒さんがきたら

お話しして、大人の生徒さんは一緒になって感想を言ったり

楽しかったです。

そして不思議なことに、レベルもアップ☆

みなさん、何か感じるのでしょうか。百聞は一見に如かず、

心で感じることは表現にあらわれるんだなぁと思いました。

すばらしいです。


子供たちには伝えようか最初迷ったのですが、

いつどのタイミングで、その子の心に響くかはわかりません。

4歳だろうと何歳だろうと、これは伝えないといけないと

伝えることにしました。


ショパンコンクールっていうのが今おこなわれていて、

日本人の反田さんというピアニストが2位になったんだよ。

ショパンてこんな曲なんだよと、YouTube見せたりしてみました。

興味津々な感じだったり、きょとんとしてたり、、、


私も小学校入る前だったでしょうか。

当時レコードで、中村紘子さんの演奏で、

ショパンのワルツ華麗なる円舞曲を聞いたときに、

なんとも言えない衝撃を受けたのを覚えています。

そして、リストのハンガリー狂詩曲第二番を聞いて、

絶対にこの曲を弾きたいと思ったのを、ずっと覚えています。


その子の未来への糧になることを。

これをきっかけに未来のピアニスト、はたまたショパンコンクール優勝者の芽が

出てるかもしれません。楽しみです。


※余談ですが、私はスペインのマルティンガルシアガルシアさん推しでした。

 その楽しそうに弾く姿や、キラキラした音色にがっつりはまりました。

 もちろん日本人はみんな推しです(^ ^)






最新記事

すべて表示