少しずつイメージが


いつも先生ありがとうございます。


バッハ パルティータ5番 アルマンド

             クーラント


シューマン 幻想曲 


以上です!今日はシューマン!と思ってレッスンにのぞみました。


パルティータ5番は、全体的に早いです....

このクーラント。グレングールドの弾いているのを聞いて唖然。

ちょっぱやでした。

いや、速いうえに、素敵です。

速いのだけがいいわけじゃない、遅めに弾いてる人だっているだろうと

何人か聞いてみましたが、みなさんちょっぱやでした・・・。あぁ。


でも!!!速く弾くのはいいけれど、表現できずに速く弾くことがだけに

とらわれてはいかん!と、(自分に言い訳をして)レッスンしていただきました。

結果、まぁこれでよしと。

次にいくことになりました~。

※それでもそれなりに速いつもり


シューマン!!!

今日は、とにかくメロディを丁寧に歌って(つもりで)弾きました。

自分なりに少しつかめてきたような気がします。

メロディを歌って弾くためには、様々なテクニックも必要で、

それをまぁ平然と弾けるになりたい。

ほんの少しは近づけたでしょうか。

先生にも何が言いたいか伝わったようでした。うれしいー。


最初は、まぁね!って・・・・。はい。その通りです。

弾けてたけどねって・・・・。はい。。ほんとにその通りです。


ただの譜読みから、曲に命がほんの少し入ったかもしれません。

この曲は(いや、ほかの曲もですが)丁寧に繰り返し楽譜を読んで

その深いところまで読みたい。感じたい。そういうつもりで勉強しています。

長くかかるでしょう。


さぁ、もう帰ってきたらピアノが弾きたくてはがゆくて。

でも、日常もあるもので。そのせめぎあいで。がんばります☆




最新記事

すべて表示