夏は来ぬと贈る言葉

くrさ老人施設のおじいちゃんおばあちゃんの前での演奏第2弾。

またまた演奏曲に悩んでいたのですが、退所する方がいて、お別れソングを

ということで、「贈る言葉」

そして、単純に夏がきたから「夏は来ぬ」・・・めっちゃ単純です..はい。


そしたらなんと!対処する方が来られなくなるというハプニング!

それでも私には、そこで変更するキャパはなく、

「贈る言葉」はカットしようと思い、

「夏は来ぬ」が終わったら、終わり~としようとしたら、あれ?みたいな。

もう1曲あるでしょうみたいな空気感に


「あ・・・・。もう一曲はお、贈る言葉です」と結局演奏しました。

あぁ、私にすぐに曲を変更するキャパがあれば!!度胸があれば!!

楽譜はもっていたのですが、まだまだ修行が足りません。


「夏は来ぬ」は、素敵なアレンジを選んだつもりだったのですが、

「あれって、わざとああなってるの?なんか不思議な感じだった」という感想もあり、

やはり感じ方は人それぞれだなと・・・。

結局は、あまりアレンジされていないほうがいいのかなとか、ただ単に私の演奏テクニックの未熟さか!?とも思いながらいろんな反省点をいただき、

次回3回目。最終演奏日となります。


また選曲から勉強させていただきます...どうしよう。悩みます。

それも楽しみです。




最新記事

すべて表示

朝練