レッスンでした♪

レッスンでした。

今のところ月2回ペースで行けてるかな。うれしい。


バッハ パルティータ 第5番 ジーク

バッハ パルティータ 第6番 トッカータ


ベートーベン ピアノソナタ第23番熱情 3楽章

ショパン スケルツォ3番 (ほぼただの譜読み)


をレッスンしていただきました。


ショパンに関しては、ただの譜読み。もう見ていただくのも恥ずかしいです。

でも、テンポ感がめちゃくちゃなことが再確認できたので(とほほ)

しっかり譜読みし直してきます!!


ということで、バッハ。

ジークめ・・・・。後半のトリルがどうもうまくいきません。

みなさんそんなもんでしょうか。

前半は、きれいに弾けていて、後半になると構えて弾いているのがわかると・・・。


はい。その通りなのです。先生はすべてお見通しです。

後半になると、「いくぞ!」となってしまいます。うまく弾けてないからなおさら。。

それじゃ、一貫した音楽になりません。

しつこく、もう一回見ていただくことにしました。

こうなったらトリルマスターになります!


そして、6番のトッカータ。

なんて素敵な曲なのでしょう。もう弾いてても酔いしれてしまいます。

※私のピアノではなく、バッハのフレーズに・・・・。

トッカータは、今回あがりになりました。

6番は素敵な曲が多くて、、、次も楽しみに弾いてきます。


ベートーベン!!!もうベートーベンにはやられっぱなしです。

今回は、前回よりは腕もかたくならずに弾けたと思うのですが、、もう。いろいろ自分に向かって言いたいこと満載。

でも、先生が横に来てくれまして、歌っていただき弾いていると本当に軽やかに私の

手は動きます。なんでしょう。。。歌心でしょうか。やっぱり。

100点満点では決してありませんが、もうあがりになりました。

先生も、もう今日であげようねって。あはは。


そしてショパンコンクールで、ばりばりに影響されてしまい

ショパンのスケルツォに手をつけてもってきました。

3番です。2番は弾いているので、3番から1番4番といけたらいいかな。

まだぜんぜん譜読みレベルでしたが、ベートーベンがあがって気持ちが大きくなっていたのか、弾いてしまい、そして愕然としました。

これ、譜読み以前だし・・・・。レッスンしていただく以前の以前です。

それでも先生は根気よく聞いてくださり、テンポ大事にしようねって。。はい。


最近、CDをよく聞くので自分で弾ける気分になっちゃって最初からのりのりの譜読みになってしまうことが多々あります。それではいけないです。

まずは譜面通りしっかりと譜読みして、それからですよね。。

反省です。


次のレッスンまでに、ベートーベンピアノソナタ告別の譜読みもしていく予定。

弾きたい曲がたくさんです。幸せです。





最新記事

すべて表示