フランス序曲風パルティータ 序曲

レッスンに行ってきました。久しぶりでした(^^


・バッハ フランス序曲風パルティータ 序曲

・ショパン エチュード10-1

・シューマン ピアノソナタ第3番

・プロコフィエフ ピアノソナタ第1番


バッハ!この曲好き~って先生も仰ってましたが、私も好きです。

GraveからVivace、そしてGraveに入るのですが、

その入りが辛い。Vivaceからの切り替え、頭の切り替え?心の切り替え??

できません。

なんか突っ走ってきて急にブレーキ踏むみたいな。。。。

私だけかもしれません・・・・。

vivaceのところも弾いていると、だんだん集中力が切れてきて

 今日の夕飯何にしようか、とか、そういえばあれどこだっけ?? とか

なんで今?!ってことが勝手にほんとに勝手に!!浮かんできません。

何なのでしょうか。

ただ単に集中力がないということでしょうが、それが本当に凡人なんですね。きっと。

でも今日であがり。

練習記録、You Tubeに恥も外聞もなくアップしました。

あくまでも「記録」です。


インスタのストーリーズ仕様で、縦に撮ってしまったので、手首から前がちょこんと。

なんか手だけあるって感じ・・・。怖い。

https://youtu.be/MhgK_gwGpM8


ショパンエチュード10-1も全くもってだめですが、とりあえずテンポもあげたので、一旦終わり。この曲はずっと練習していきます。。アルペジオが苦手すぎるので。永遠の課題。中学生のころに◯もらっていたのがほんとに不思議。なんで??なんで??

そして今いくら弾いても記憶が戻ってこないってのも不思議。

まぁ、次いこう!つぎっ!


さぁ、本腰入れたいシューマンとプロコフィエフ。

先生も気に入ってくれている曲ですが、まだまだ譜読みの域を超えていません。

レッスンにもならず弾いて終わりです。

次のときには、みてもらえるようにしていきたいなと思っています。




最新記事

すべて表示