シューマン幻想曲 ハ長調

シューマン 幻想曲 ハ長調の暗譜に苦労しています。

こんなに暗譜に苦労したことってありません。

年でしょうか.....


レッスンに来ている6歳の子は、たまに楽譜を閉じて弾き出すので

いつも驚かされます。

練習しているうちにほぼ覚えてしまうようです。自然に....

今の私には到底できることがありません。


でも、暗譜に苦労している分、小節ごとに行ごとに詳しく読んでいる楽譜をみている

自分がいます。

この音はどうつながって、どうなってるかとか

どういう音を出そうかなんて考えて、自然に細かくみることができているように感じます。

まだまだ未熟ものなので、ピアニスト内田光子さんやユンディ・リーさんの演奏を参考にしたりしています。

それも最初はユンディ・リーさんの演奏がしっくりきていたのですが、だんだん内田光子さんの演奏が好きになってきました。これも年なのでしょうか.......


確実に、ただ単に暗譜していた頃とは違う自分がいますね

浅い人間でしたね。。。譜読みも。


ヘンレ版の楽譜も手に入れて、読み比べてみています。

じっくり楽譜を見るのが楽しいです。

年々、音楽との関わり方って変わるもんですね。

きっとこれも年なんですね。








最新記事

すべて表示

朝練